惣譽酒造株式会社

惣譽酒造株式会社

自然の恵みと熟練の技が生んだ地の酒、惣譽

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

NEWS

2016.5.20.Fri :
平成27酒造年度 全国新酒鑑評会で金賞を受賞しました!

2015.12.15.Tue :
「 初しぼり 」 を発売しました。

2015.12.15.Tue :
「 純米大吟醸 五百万石 生酒 」 を新発売しました。

最新情報一覧を見る

風土

東京から新幹線で北に1時間、宇都宮から車で40分東へ。
田園風景と青い空が広がり、彼方には日光連山を望む
栃木県東部ののびやかな自然の中に惣譽の酒蔵はあります。
冬の朝晩の冷え込みは身を切るほどの冷たさ。
草木に真っ白な霜が下りる頃、酒の仕込みがはじまります。

素材

米/主に使用する酒造好適米「山田錦」は産地を指定し、
最も品質の優れた特A地区の地域の米を選んでいます。
地元、栃木県芳賀郡もおいしいコシヒカリの産地。
米づくりに精通した農家との契約栽培で、栃木県産の
酒造好適米「五百万石」100%の酒もつくっています。
水/惣譽の井戸水は、清らかな鬼怒川水系の伏流水。
まろやかでおいしく、惣譽の酒質の源となっています。

心技

召し上がる方の笑顔を願い、丁寧に手づくりすることが、
酒をおいしくすると私たちは思っています。
麹や酵母など、微生物との対話を繰り返し、
科学的な知識と経験、想像力を駆使して、酒を育てていく。
敬意をもって「職人」と呼ばれる蔵人の作品が、惣譽の酒です。

伝統

滋賀県日野町から移り住み、栃木で酒をつくって140数年。
代々の当主が、ひたすら正直に旨い酒を追い求めてきました。
地酒として、栃木の人々に愛されることを根幹として、
さらに日本中へ、世界へと、枝葉を大きく拡げていきたい。
惣譽を次代へと伝えていくことが私たちの願いです。